いろんなことばをここに書こうかと。
by eureka_m
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
who am i ?
読んでるもの
世の中のこと
きょうの空
見たもの
きこえるもの
シネマ
素朴な疑問
ひとりごと
あさがおのかんさつ
オケストラ
自転車
FMProなこと
きょうのごはん
おいしいもの
フットサル
ダイビング
以前の記事
2013年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ラサーナのLaSana白..
from ラサーナのLaSana白髪ぼ..
ホールの格安レンタル
from ホールの格安レンタル
障害者年金 受給資格
from 障害者年金 受給資格
ギフト販促品 №2
from プロが選ぶ本物の道具店ban..
小澤&サイトウ・キネンの..
from クラシック音楽ぶった斬り
ライフログ
その他のジャンル
ねこー
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


とある漫画のこと。

早起きしたのに目がさめないので何か書いてみよう(笑)

えーっと。漫画好きです。
ナンセンスなものとかも好きですが、基本、ちゃんとストーリーがあるのが好きかも。
映画が好きなのとリンクしているのかな。文字と画像が時系列で流れて行くものが好き。
それで、なんでいま漫画のことなんて書こうとしたかというと。
このblogの検索キーワードに「少年は荒野をめざす」という懐かしい単語がはいっていたので。

吉野朔実という人が「ぶ〜け」というやたら分厚い雑誌に描いていた、中学生〜高校生が主人公の漫画。自分を女の子だと受け入れられていない女の子が主人公だったので、当時一人称代名詞が「僕」だったあたしは、まあ、当然はまった。
当時一番好きだった中学の同級生Nちゃんにすすめて、ふたりではまった。

んで、当時ほぼ唯一まともにコミュニケーションをとっていた同世代男子、I氏にも読ませてみた。「ジェンダーロールが今ひとつ感じられない」人の感想をきいてみたかったのだ。当時のI氏の感想は「よくわからない」だった。
思えばあたしが思っているよりもっと普通に男の子だったんだろうなぁ。
そして2年後、I氏が高校を卒業して浪人したころ、ひょんなことから文通(笑)することになり、そこに書かれていたおすすめ漫画一覧に「少年は荒野をめざす」があった。
「ねえ、あたし2年前にこの本を貸しているよ」ともちろん伝えてみた。当時は琴線にふれることはなかったんだろうな。そして、その2年間にI氏がどんな変化を遂げたのかは非常に興味深いところだが、少女漫画を読むようになったのはきっとその間のことなのだろう。
この漫画について結局一番濃いやり取りをしたのはこのI氏だろうなぁ。

その後もいろんな人にこの漫画を押しつけて読ませていたりしたのだが。
「もっと若い頃に読みたかったな」ていうこと言ってた人もいたな。
あたしはまさにその世代のときに読めてよかったのかも。と思う漫画だ。
今読むと、当時のように共感しまくることはないものの、自分の特定の時期を思い出していろいろ考えることもあったりするけど、まあ、現在についてどうこう、ということではないな。むしろそこに登場するおとなたちの気持ちのほうがわかってきたりするという新しい感想はあったりもするのだが。

この漫画を読んで思うところがあった人となら、何か、同じことについてお話をすることができるような気がする。というのは言い過ぎかなぁ。

そのくらい、人生においてウェイトの大きな漫画。

#うーん、うまくまとまらないなぁ。
[PR]
by eureka_m | 2007-08-26 08:56 | 読んでるもの
<< 好きな人。 すてきな時間。 >>