いろんなことばをここに書こうかと。
by eureka_m
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
who am i ?
読んでるもの
世の中のこと
きょうの空
見たもの
きこえるもの
シネマ
素朴な疑問
ひとりごと
あさがおのかんさつ
オケストラ
自転車
FMProなこと
きょうのごはん
おいしいもの
フットサル
ダイビング
以前の記事
2013年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ラサーナのLaSana白..
from ラサーナのLaSana白髪ぼ..
ホールの格安レンタル
from ホールの格安レンタル
障害者年金 受給資格
from 障害者年金 受給資格
ギフト販促品 №2
from プロが選ぶ本物の道具店ban..
小澤&サイトウ・キネンの..
from クラシック音楽ぶった斬り
ライフログ
その他のジャンル
ねこー
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


EKOPO第17回練習。

2月2日(土)

火曜に歯医者さんにいって根管治療をしてもらったのがいけなかった。
前回はたいした痛みもなかったので軽い気持ちで「じゃ、お願いします」といったら、、痛いこと痛いこと。。 麻酔なしの予定だったが、急遽麻酔を打ってもらう。それでもかなり痛い。。
会社に戻って仕事してたけれど、我慢できなくなって帰宅。その日はほとんど眠れず。

結局翌日からも会社では冷やし続ける、ロキソニンやバファリンを飲み続ける生活。
木曜あたりはほんとに練習に出られる気がしなかった。
とはいえ、金曜夜にバファリンなしでも過ごせるようにはなったので、多分大丈夫。
念のためにロキソニンを飲んでから出かける。

12時から ブラームスセクション練習。 微妙に遅刻(すみません)
新宿宮地楽器のスタジオ。前回満員だった部屋と同じ部屋。人数が増えてるのでさらに満員御礼。
木管の熱い練習に同席するだけでも楽しい。みんなの熱さはいつも脱帽です。

しかし、、別の意味で熱いていうか暑い。
気温があまりにも高いし空調は熱風が出るので音程はめちゃくちゃ。抜差管をこれでもかっていうくらい抜いた。暖まってくると歯が痛くなる。冷えピタ+ヒエロンでなんとかのりきる。

終わってからS子(ていうかU西)さんといっしょに池袋に移動。今度は同時開催しているライネッケセクション練習。ホルンは来なくていいよと言われてたので他のメンツには連絡していなかったし、あたしも手たたき要員として手伝えるかな、くらいの認識。
みんなとのんきにお茶してようかしらと思ったけど、気がついたら池袋のスタジオへ。
ドア開けてびっくり。KよちゃんとMさんしかいなかった。休憩中?とか思ったけどそうじゃなかった。
あまりにも、それは、信じがたい光景。
残り時間は4人で練習した。
それはそれで、貴重な時間だった。きちんとやろうとしている人たち同士の練習は効率がいい。こうしたらいいんじゃないかってはっきりわかる。

このままではあまりにも、なので池袋北口なんていうガラの悪いところで立ち飲みやに入る女子4名。ジョッキをあけて、夜間練習燃料補給。(おにぎり+焼き鳥)
少し勢いをつけて、タクシーで夜間のオケ練習会場がある雑司ヶ谷へ。ワンメーターで着いた(・∀・)

夜はオケ練習。
マウスピースを買いに行きたかったのだが、行けなかったのでとりあえず昼からMDCを吹いている。
小さいのでやっぱり疲れやすい。ヘングレではやくも疲労しているかんじ。
とはいえ、まあ久しぶりのまうぴだけど前に吹いてたときよりも少し体力が回復しているのかなぁ?ちょっと吹きやすくなっていた。
がんばればちゃんと答えてくれるかんじ。
ずっと吹いていた初心者用まうぴとはいうものの、、吹いた感じって自分の今の状態によってもけっこう違うのね。

ライネッケ。がんばりたかった理由があった。
セクション練習をした残り3人のためにもがんばりたかった。
そして、何よりもいい音で吹きたかった。
完璧からはほど遠いけれど、このコンディションではぎりぎり合格といっていいだろう。
途中反省点はあるし、全部の楽章の頭は全部HrとClは重要なので、気を抜かないで集中していこう。

ブラームス。もう正直言って1楽章吹いたらしんどいくらいだった。
高音を吹くと、口が痛む。下の歯じゃなくて上の歯の周りが痛んできた。
休みが少しでもあるときは冷えピタとペットボトルで冷やす。

下振りのAのりの指示は相変わらず実にわかりやすいし、本番直前の効果的な話をしてくれるので、楽しい。
楽しい、とはいえやっぱり疲れがたまってきた。
このあと2楽章の頭のソロを吹くのかと思うとかなりしんどくなってきた。
でも、痛いという訳にはいかん。
自分で練習に来るって決めたんだし。

2楽章開始時のコンマスの顔を見たら、意地でもここは決めなきゃあかんと思った。
こういう悔しさとか意地で楽器を吹くのは実に哀しいことだったけれど、しんどかったけれど、まあ、そんなこともあって、吹いてみた。
完璧からはほど遠いけど。。。まあ。どうにか。

だいぶ集中力が切れてきてしまったので、3楽章は正直体力の続く限りなんとか、みたいなかんじで吹いた。あーあ。

仕事があまりに忙しくてなかなか練習できないMふぁらが、うまく吹けなくてしんどそうにしてるのを「まあ、落ち着け」とか「楽に吹いてね」とか励ましてるくせに、その自分が一番肩に力が入って楽しめていない。
最悪。

大好きな仲間と音楽三昧だったのに、楽しいとは言いがたかった、ちょっとつらい1日。

オケの未来を明るく語る会、でもいきなり現実を突きつけてしまった。未来を語る前に現実をきちんとしておかないと、不安でしょうがない。
そんなこという場所じゃなかったのに、ごめんね。でもどうしても言いたかったので。

帰宅途中、仕事が相変わらず忙しいねという虚しい話をしつつ、3月に甲子園に行けるといいねと話したり。少し緊張がほぐれたところで、山のように話したいことが出てきたのだけれど、そこで明大前に着いてしまった。 おつかれさまといって電車を降りて、帰宅して、しばらく一人で悩んでみた。

なんか、演奏会に出ていいんだろうか、というところまで落ち込んできて、「やっぱりライネッケトップ吹きませんか」とメールまでしてしまった。
好きな曲だし、ソリストの演奏はすばらしいし、吹きたいけど、なんだかどうしていいのかわからなくなってきた。

オケとか自分の演奏に対してどこまで要求するのか、どこまでが要求されるのか。
いつも悩むところで、人それぞれ参加している動機も違うだろうし。。
でも、お客さんがお金を払って聞きにきてくれる、ということだけとっても、学芸会では許されないと思うわけだ。
正直あたしの演奏はそこまでたどり着けてない。オケは一人でやるものじゃないけれど、でも足を引っ張ってるなぁ。と。

でもプロなわけじゃない。自分が楽しむことも重要。ていう気持ちも同時にある。
だから技術がどうこうとびくびくするよりも、楽しんで演奏したほうがいい音が出るんじゃないか?とか。そんなことを考えたりもする。
自分たちが楽しいだけ、ていう自己満足な演奏は厭。でも、その部分がゼロでもそれはやっぱりアマチュアとして音楽続けてる意味がないかもしれない。

なんていうところをぐるぐるしているうちに「もっと自信を持って吹けば大丈夫」とメールをもらった。ああ、そういってほしかったのかもしれないな。
あたし、人にはそういってたくせにね。

最後の2週間は、楽しく堂々と自信をもって吹けるために、残った時間で何ができるかを考えていこう。

アインクライネスOPオーケストラ 2月16日(土)第1回定期演奏会@第一生命ホール 14:00開演
[PR]
by eureka_m | 2008-02-03 11:22 | オケストラ
<< 手紙を書く。 EKOPO第16回練習。 >>