いろんなことばをここに書こうかと。
by eureka_m
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
who am i ?
読んでるもの
世の中のこと
きょうの空
見たもの
きこえるもの
シネマ
素朴な疑問
ひとりごと
あさがおのかんさつ
オケストラ
自転車
FMProなこと
きょうのごはん
おいしいもの
フットサル
ダイビング
以前の記事
2013年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ラサーナのLaSana白..
from ラサーナのLaSana白髪ぼ..
ホールの格安レンタル
from ホールの格安レンタル
障害者年金 受給資格
from 障害者年金 受給資格
ギフト販促品 №2
from プロが選ぶ本物の道具店ban..
小澤&サイトウ・キネンの..
from クラシック音楽ぶった斬り
ライフログ
その他のジャンル
ねこー
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


EKOPO第1回定期演奏会(本番)。

気がつけばもう2週間たってしまった。

2月15日(金)
早めに帰宅しようと目論んでいたのにもかかわらず、20時まわってからお客さんのサーバがおかしい、と連絡がはいる。
たいした障害ではないことを祈りつつ、、
バックアップをコピーするバッチのバグ(お客さんが自作したやつ)でTempフォルダがいっぱいになったんだと、、残りディスク容量ゼロになって、、そりゃ落ちるわ。

いらいらしたけど原因がすぐわかったので、22:30ごろ会社を出られた。
とはいえ翌朝は早い。楽器と楽譜と衣装があれば、まあなんとかなるだろう。
GPの録音を聴きながら帰宅。イメトレ。
なんだか疲れが抜けていない。

2月16日(土)
みんなに起こしてとメールしてみたが当然誰も起こしてくれなかった(笑)
なんとか自力で起床。
勝どきはどのルートが速いのかよくわからなかったので新宿から大江戸線に乗った。
#結局森下までいっちゃったほうがよかったのかな
あまりに眠いのにしばらく座れず、、座ったらすぐ寝てしまった。
駅で数名に出くわしたのでコンビニで昼ご飯とのみものを購入。
トリトンの場所は分かるんだがはいってからホールの楽屋に行く道筋がわからないのでみんなでうろうろする。
若干遅刻して到着。ホルンパートはもうみんな来てる。。。
第一生命ホールはとても綺麗でおしゃれなホールだ。
でも。楽屋からステージまで階段を上るのがめんどくさいなー。





楽屋に荷物を置いて早速ステージへ。ゲネプロのときの懸念事項があるからだ。
ホルンのヤマ台をどうするか。
やっぱり思った通りかなり木管が遠いので、間の板を1枚はずしてもらうか悩む。
前列のヤマ台の幅が狭いので(4尺かな?)椅子を斜めに置くと角が落ちてしまう。下の段に足をつけばいいんじゃんとKちゃんの暴言(笑) もあったがそれができるのはK島君だけじゃないかと、、
結局1段後ろに行くことにして、3,4thは金管と並ぶことにした。
後ろの階段がついてたあたりに平台を足してもらうことにする。箱足を適当に並べて仮止めになってる状態で間違って乗っかろうとしたので危ない。。。
ああ、写真とっておけばよかった。
次はもう一回り大きなステージでやりたいなー。
関係ないけど、山台の組み方なんていうページ発見。
http://www.seas.or.jp/datafile/yamadai/yamadai.html

結局ここで30分近く時間を使ってしまったのでろくに音だしせずリハーサルへ。
客席でどう聴こえるか知りたくてちょっと客席へ。客席真ん中あたりの天井がドーム状になってて、そこにごわっと音が集まるかんじがした。よく言えばオケが一体化、悪く言えば団子。出るところはきちんと出たほうがいいなと感じる。
同じく客席チェックしたK島君は「音量全然必要ないですよ〜」とコメント。
力むのは厳禁、とにかく音色に気をつけて吹こうと決めた。

リハは、正直良く覚えてない。フルートソロ(片爪大輔君)の音がよりすてきに聴こえるホールだなーと思ったくらいかな。あと、咳が止まらなくて、無理して吹いたので、けっこう疲れてしまっていた。これは参った。
あと、2ndに座ると1stがやっぱり見えづらい(自分の後ろにいるかんじ)のは困った。KちゃんがブラームスのときにK島君が見えないといって困ってたけど。。
終わったあとSもじぃと奥様のヘングレチェック。ヘングレ冒頭は低音が先に進まないと遅れ気味に聴こえるので意識して吹く。と。

けっこうぎりぎりまでやってたのでゆっくりご飯を食べる時間がなくなってしまった。パンを1個だけ食べて、着替える。ああ、もう開場だ。
お客さんは入ってるんだろうか?モニタを見るとけっこう入ってるように見える。

ステージ裏になぜか神棚があるので演奏会の成功を祈ってみた。

ヘングレ開始前に(使用前)写真撮影。
ついでにイメトレと称して冒頭を吹いちゃった。なかなかいいかも!ということでそのままステージへ。
すごいお客さんがたくさんはいっていて驚いた。ひえー。

演奏開始。まずはヘングレ。
出だしはなんとか!?許容範囲かしら。。
あとはなんだか勢いで、あっという間に終わってしまった。
まあ全体的にはよいできだったのではないだろうか。

ライネッケの前にセッティングが変わらないらしく、全ハケじゃないので、ステージ上に取り残される(笑) 隣の席に移動。
咳が止まったのはよかったけど、疲れはとれてないし、緊張しまくり。
ライネッケの管楽器ローテーは見事に女性ばっかり。でもホルンは男3人。
1曲でここまで女性が集まるのも珍しいかも、と思った。

肝心の演奏。。。
片爪君はすばらしかった。
自分の演奏は、、ソロについてはもう少し細く通る音で吹けばよかったなーと思った(録音きいたら吸収されちゃってるとこもあった)
その他は、、、ああ、ごめんなさい、本当に、といったところ。
すっごい派手に外した回数は思ったよりは少なかったのと、注意されていたところはなんとかできたのでよしとするか、、、
はぁぁ。。
そして、片爪君、アンコールやるのかな、と思ったけど微妙なタイミングで指揮者がひきあげてしまったので、結局やらなかった。
なんか吹いてほしかったなぁ。。
何はともあれ。コンチェルトデビューおめでとう。今後の活躍が楽しみです。


ここで休憩。なんだかすでに疲労の色が濃い。
ブラームス。成功させたい。あれだけがんばって練習したんだしな。

1楽章。最初の音が既に不安定。 あーあ。
音がすでにバテバテ。これで1楽章後半のあれが吹けるんだろうか(特に小さくて高音のところ)と緊張。
結局pの音は若干でかすぎるもののなんとか外さずにすんだ。
あとはffだ。ここで驚いた。直前の1stでこれまで一度も外したことなかったK島君が外した。あらら。あたしも外したらえらいこっちゃ(と思うまでに0.01秒くらい?)ということで、裏返りかかったけど無理矢理吹ききった。

けどばててる暇もない。
2楽章冒頭。がんばるぞーと思ったら、、、いきなり外す。
GがFになった。しかもMふぁらとふたりして!!!きれいにふたりで同じ音を吹いてしまったので知らない人がきけばこういう曲だと思うのかも(w
なんというか。まあもうしょうがない。2楽章は休みが多いからとにかく3楽章のあれに向けて休養。(その前にラストで同じメロディを吹くのだからリベンジはしとかないとね、、) 無事、かどうかはともかくとにかくまともに吹いた。

3楽章。他のパートがある音はできるだけ手抜き。ソロはそういうわけにいかないのでなんとか。ああ、G-Gのオクターブ、最初が上がりきらなかった、、でも経験上ここであれっと思うと全部上がりきらなくなるので、2回目にスラーを若干切り気味にしてなんとか残りは吹いてみた。
前半戦はどうにか。間の少し長めの休みの間にとても熱い木管のみんなを眺めて、弦を眺めて、ライトの当たる河地先生を見て、ああ、やっぱりこの最後列からみたオケの景色って大好きだな、って思った。
なんて感傷に浸ってる時間もそれほどない。いよいよ、あたしの中ではこの曲で一番いい音で吹きたいと思っていた音がやってきた。
結果は、、50点くらいだろうか。
新マウピの力もあってなんとか音がひっくりかえらずに吹けたものの、こんな音で吹きたかったんじゃないのに。。。あとで録音を聴いたら細めの音になっていてまあこういうものかな?とも思ったけれど。動揺してるので音の端がぶちぶち切れてほんと、哀しかった。
1stホルンとObにつないでいく、その音が重なる瞬間を、もっときちんと表現したかったのだ。無念。

と落ち込んでる暇もなくまた怒濤のf攻撃。しかもここからはスタッカートでCとかなんか短めのアップダウンの道みたいないやらしい罠がたくさん。
直前の音をちょっと緩めにしておいてCはなんとか当て続ける。しかし。。最後の1個外した。うわーん。
CDとか聴いてても結構これらのCの音って聴こえてたりするので、外すとけっこうばれてしまうのだが、、、うわーん。
まあ、とりあえず楽器を落とさず最後まで吹けた。疲れた。

4楽章もいろいろと思い入れがあるのだが、もうとにかく最後まで突っ走るしかないといったところ。ラスト近くのBを外さない程度の体力を残して疾走することにする。
(もう、そんな音ですら出ないかもという状態だった)
途中のコラールで、いろんな事思い出して涙が出そうになった。K島君、ここは非常によかった。さすが。
後半、走るんじゃないかと懸念していたけれど、どっしりと、河地先生が熱く振る。
ああ、やっぱこのオケかっこいいわ。この曲きょうでおしまいかー。とちょっと名残惜しくなってきた。
正直ばてばてだったけど、後半なんとか吹ききることができた。よかったー。

アンコール。ハンガリー舞曲第5番、6番。先生が振り向き様にいきなり振り下ろしたので驚いた。あとできいたらホルンのみんな5番の譜面を読み違えてたらしく「ゆりかさん、ちゃんとふいたんですかー 仲間はずれ♪」と言われてしまった(笑)

曲が終わったときのホルンパート、正直みんなも「疲れた〜」ってかんじだった。
同じく全乗りのMふぁら、本当におつかれさま。ブランクから復帰、何で全乗り?みたいな状態だったのによくがんばりました。。
仕事が恐ろしく忙しいKちゃんもいろいろ大変だったと思うけど、ほんとにおつかれさま。同じく仕事が恐ろしく忙しいトップのK島君も、いろいろありがとうでした。おつかれさま。
1月に急遽トラで来てくれることになったSもじぃも、ありがと。
おかげで全員全乗りという恐ろしいローテーを回避することができてほんとに助かった。

終演後、茨木からきてくれた(F)ちゃんが八つ橋など関西みやげをくれたのでみんなで食す。ケビン君差し入れのケーキも。持って帰れないのでその場で食べることにしたのだが、楽屋の廊下で立ったまま、あやしい集団になってしまった。
ついでに百年の孤独チョコレートも供出。みんなでもしゃもしゃと甘いものを立食。
本当におなかがすいていたので、なんかこれでちょっと救われたかな。

その後打ち上げ会場へ。中華料理屋さん。入口で、聴きにきてくれたポンチャンさんに遭遇。きゃーうれしい。お友達ともご挨拶。
会場の中へ。ObのI井さんたちと隅っこの席に陣取ってひたすら食べる。麦酒がアサヒなので、うーんと思いつつも飲み続ける。
河地先生にご挨拶して、スコアにサインをいただく(もはや恒例)
ライネッケのスコアには片爪君のサインをもらった。ってただ名前書くだけだとこのスコアが片爪君のかと思っちゃうじゃん(笑)

集客キャンペーンで見事3位を獲得したらしく(法事で親戚に宣伝した甲斐があった)「もやしもん」のオリゼーのぬいぐるみをゲット!!かわいい。さわり心地最高。
みんなでよってたかって撫でたり、Aやーん様の解説を聞いていたところ、、2位入賞のOぐっちゃん(伏せ字になってないな)が焼酎鯖をゲットしているのを見て「交換したら?」という空気が漂ってきた。。。
結局オリゼーはOぐち家に、、、練習のときにぜひ肩に乗せてつれてきてほしい。

食べ物がけっこう余ってるのでまたとってきてひたすら食べた。
ここで1次会がお開き。すぐ横のお店で2次会。
とにかく座れと言われたのでチェロ軍団の中に座ってしまった。だいちゃんと酒を選ぶが正直他の人と話をしたことがないので微妙に盛り上がれない。。
と思ってたらHあやが面白い話をしてきたので、いろいろそそのかしてみる。
でもK島君と「王子様オーラ」ってあたしの中では全然結びつかないんですけど、、

この店を出たら帰ろうかなとも思ったけど、Sちょがコントラファゴットを返しにいって戻ってきたので、電車のある時間までは3次会に出ようと思い、新橋へ。
でも、人数が多いのでなかなか店が見つからなくて、結局新橋から帰宅。勝どきからのほうが帰りやすかったなー。
後ろから、同じく3次会出席を断念したK島君が来たのでいっしょに山手線に乗った。
演奏会後の興奮のかけらもない冷静な「オケの今後と自分の今後」について延々と話す。最近、このオケについてあたしが頭で自分が考えていることと感情的なことに整合性がとれていないんじゃないかと思い始めていたところで、見事にそのギャップを指摘された形になってしまった。

演奏会がやりたいのか。アンサンブルや遊びオケ大会でいいのか。
そもそもあたしにとって楽器を演奏するってどういうことなのか。
楽器だけじゃなくて、オケをやるってどういうことなのか。
今回はあんなに無理して練習に出席し続けたけど、そうする必要があるんだろうか。

次にいく前に少し時間をかけて考えよう。

まあ、それでもなんだな。
いろいろ忙しかったし、体調もかなりいまいちで不完全燃焼だったけど、とにかく記念すべき最初の演奏会を、なんとか終えることができてよかった。
[PR]
by eureka_m | 2008-03-01 17:49 | オケストラ
<< 海と梅を見るために一人で走る。 無題。 >>