いろんなことばをここに書こうかと。
by eureka_m
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
who am i ?
読んでるもの
世の中のこと
きょうの空
見たもの
きこえるもの
シネマ
素朴な疑問
ひとりごと
あさがおのかんさつ
オケストラ
自転車
FMProなこと
きょうのごはん
おいしいもの
フットサル
ダイビング
以前の記事
2013年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ラサーナのLaSana白..
from ラサーナのLaSana白髪ぼ..
ホールの格安レンタル
from ホールの格安レンタル
障害者年金 受給資格
from 障害者年金 受給資格
ギフト販促品 №2
from プロが選ぶ本物の道具店ban..
小澤&サイトウ・キネンの..
from クラシック音楽ぶった斬り
ライフログ
その他のジャンル
ねこー
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第2回定期演奏会

アインクライネスOPオーケストラが、無事第2回定期演奏会を終えることができました。
ご来場くださったかた、応援してくださったかた、ありがとうございました。
一緒に演奏会をつくっていったみんな、ありがとうございました。

a0031172_22193861.jpg

前日も終電、仕事まさに炎上中、てかんじだったんだけど、なんとか当日だけは休めるよう、がんばった。
朝、少しゆっくりめに起きて、アイロンかけて、ギリギリに家を出た。
新宿でK島君がなんか間抜けなことしたので遅れるらしいと連絡をもらう。楽器忘れたかな(笑)
(実際は礼服だった)
ホームでOまゆに遭遇。「この電車だと多分ギリギリだよ〜」といいつつ。
まったりと語っているうちに大井町到着。りんかい線は地下深くを走っているので改札までが遠い。。
そのあいだに、後ろに次長発見。
エスカレーターで地上に出てから、出口を間違ったことに気づき、遠回りしてきゅりあんへ。

ホワイエの設営をして、窓口が開演後に1人になっちゃう、ということで、ドア番をそちらに回すことに。
目が届く範囲にしかドアがないので、十分でしょってことで。ドア番2人に。

ステージにもどったら山台組が終わっていた。広々してるけど、斜めじゃないのでまた1stが見えないんだなーと思うとちょっとつらいな。。

楽屋に戻って音出しをして、ちょっとホールに演奏を聴きにいく。ホールでどんなふうに音が飛ぶのかチェック。あんまりきばらなくてもいいけど、後ろの方の席にはやっぱり音が届きにくいなぁ。と。

フィンガルだけで1時間もリハやっちゃって大変だ!開場ぎりぎりまでやったらどうしよう!?
また楽屋に戻って音出しして、楽器をもってホールに戻った。
ふと思いついて、今回はカメラ入らないから、と思ってリハを動画撮影しようとしたら、、
携帯のmicro SDカードがない!! ということで20秒限定でしか撮影できなかったので3コマ。
あとで再生してみたら、音は雑音だけど、楽しいぞ。

そして田園のリハ。要所だけやって、もうやらなくてもいいか、と指揮者がおっしゃるので「そうそう、そしてロビーコンサートの練習もしなくては!」と思ったのだが、なんかけっこう途中から調子づいちゃって結局リハが終わったのが17時。いそいでロビーでリハをして、もう一度楽屋へ。

Kちゃんとなんとなくチューニングをしてぎりぎりにロビーへ。
テツ、こないし(笑)
Mらが探しにいって、結局全然違うところから駆け下りてきて、息が切れてたので2分くらい休んで(笑)
ソファには身内、同僚がずらりと並んであたしはすっかり学芸会気分で無駄に緊張してきた。。

とはいえ、気楽なメンツで楽しく吹けた。4楽章はMら以上にあおってみたり(笑)

すぐ楽屋に楽器を置きに戻って、またロビーへ。今度はドア番。
結構関係者がぎりぎり or 遅刻してくる。 M村さん、久しぶりだわね。なんと。ホルンどうしてるんだー

ロビーで演奏中は結構暇なのでスピーカーで演奏を聴いていたら、K島君結構真剣に聞き入っていて、「あ、今の低い!」とか(笑)

フィンガルもロメジュリもいい演奏だったな。
ホルンはYちゃんKちゃんが、練習の合間に「じゃ、ここからもう一度!」とかいってよく合わせてた。いいコンビだった。
A君ぱぱさんコンビはどうだったのかな(笑)18歳も歳違うけどこれからも仲良くしてね。

ロメジュリはゲネプロのときもやばいんじゃないか?と思ってたけど、全体的によくまとまって、ドラマチックな演奏だった。

降り番が2曲もあること自体、ほんとに珍しい訳だが、、休憩時間に着替えて音出しして、とばたばたしていて、演奏前に静かに集中することができなかった。これが逆に無駄に緊張しなくてよかったのかも。
休憩時間中に椅子をはけてもらったのを反響板の間から確認し、いざ、ステージへ。

山台が斜めじゃなくて正面向きなので椅子を無理矢理斜めにして座ったのだけれど、1stが見えないのだ。
リハのときにトップ様に派手目にザッツ出してもらったけど全然見えない、、、
結局指揮者と1stを交互に見ながら、目つきの悪い状態になってたかも。
もうツーカーだから見なくたってタイミングはばっちり!といいたいところだけど、やっぱりちょっと心配だった。
首も無駄に疲れたなぁ。
結果としては、なんとかついていけた、って言っていいのかしら。
Obのすぐ隣っていうのもなかなか不思議な気分だった。結果的には木管の音がよく聴こえてよかったけど。

2楽章が終わったときにK島君が「つかれた。。。」とつぶやいたのでつい笑ってしまった。
いやほんと、おつかれさん。あとで、客席から笑ってるのがよく見えたと言われてしまった。。。
3楽章のソロはいいかんじだなー、いいなーって思ってたら、つい、2回目のソロ直前の自分の出番で落ちたw
ハモリのところは1回目にオーバーブロー気味だったので、「そんながんばらなくていいっすよ」と隣から。
本番中にしゃべりまくり。。
4楽章は、、事故がありましたが、まあいいでしょう。Timpも、、、
5楽章の冒頭ソロ、K島君がしょっちゅう「拍子がわからん」とかいって首をひねっていたやつ。本番は、とてもよかった。
もうここまでくるとばてばてだけど、最後の力をだして、そして、12月にスタートしたプロジェクトの最後を飾るべく、最後まで楽しもうと、思っても、涙でそうだった。
Fgのあとをおっかける8分音符5つをcrescで吹きながら、これでもう終わっちゃうんだな、というのがとても切なく感じられた。田園の、ちょっと切ないコード進行で、よけいになんか切なくなっちゃって。

1stはオケ内でも大好評だったようでよかったです。下振りが「大人になってから成長するなんてすごい」と絶賛していたそうで。誰が吹くかでいろいろもめたけどやっぱりK島君でよかった。

それから、わがままいって隣で吹かせてもらってよかった。
実はシンフォニーを1st,2ndとして一緒に吹くの初めてだった。
はらはらすることも多かったし、じてんしゃばっかり乗ってて練習してこないし(笑)あたしも相変わらず音程悪くて「音程〜」とか言われ続けてたけど、すごく楽しかった。
また、いずれ、懲りずに隣で吹かせてね。

今回は、耳のことがあったり、倒れたり、仕事がやばかったり、本当に演奏会に出られるのか?ていう課題が個人的にいろいろあって、くじけそうだったこともたくさんあったけど、みんなのおかげでなんとか乗り越えて舞台に立てて、本当によかった。

ほんとに、ありがとう。
[PR]
by eureka_m | 2009-06-07 22:29 | オケストラ
<< 焦った、かな。 えへへ >>