いろんなことばをここに書こうかと。
by eureka_m
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
who am i ?
読んでるもの
世の中のこと
きょうの空
見たもの
きこえるもの
シネマ
素朴な疑問
ひとりごと
あさがおのかんさつ
オケストラ
自転車
FMProなこと
きょうのごはん
おいしいもの
フットサル
ダイビング
以前の記事
2013年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ラサーナのLaSana白..
from ラサーナのLaSana白髪ぼ..
ホールの格安レンタル
from ホールの格安レンタル
障害者年金 受給資格
from 障害者年金 受給資格
ギフト販促品 №2
from プロが選ぶ本物の道具店ban..
小澤&サイトウ・キネンの..
from クラシック音楽ぶった斬り
ライフログ
その他のジャンル
ねこー
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日光-金精峠-沼田(その2)

宿について、お風呂が工事中だというので、茶屋まで散歩して夜の宴会準備(笑)
日光ビールと日本酒(五百万石  純米酒)と味付き湯葉を購入。5時過ぎるともう真っ暗だねー。
戻ってお風呂。とにかく寒かったので幸せ。女性用お風呂は広くて快適だったが、男性は普通の家風呂(小さめ)だったそうで。お気の毒。

夕飯がこれまたすごい量だったので、カツがまだ胃にしっかり残った状態ではムリ。と、全員でかいチキンをあきらめ、「明日のお弁当にしてください〜」と。おかずだけを食べ、そそくさと部屋へ。

とにかく寒いのでストーブをつけて、布団をしいても布団が冷たいのであっためるために自分が入ったり(笑)
ビール飲んでるうちに微妙に寝落ち?しつつ、フィギュアスケートを見ながらだらだらとコメントし続ける我々。
スケートが終わってQさんが部屋に引き揚げたあとは各自布団をあっためるために布団にはいったら、、
二人とも割とすぐ寝てしまったので、ここからが退屈。結局21:30には残りみんな寝てしまったので23:30まで一人でテレビみたり携帯いじったりしていた。あたしも3時間しか寝てなかったからすぐ寝られると思ったんだけど。。
そして枕が違うせいか1:30にひどい夢を見て飛び起きた。その後もちょっと寒かったりであまり深くは眠れず、1時間ごとに目が覚めた。
6:30に起きて、まだ雨が降ってないことを確認。よかったー。
宿の人におにぎり(とチキンw)のお弁当をいただいて、出発。早速「珈琲が飲みたい!」ということで茶屋で一服してしまい、ほんとにスタートしたのは結局9時過ぎだった。
a0031172_6573181.jpg



記念写真!







a0031172_6581464.jpg
そうそう、初めて走りながら後ろを走る人の撮影に挑戦。(いつもしんがりから後ろ姿ばっかり)
自分のウエストバッグがうつってしまったが角度はだいたいわかったので次に先頭を走るときにはまたやってみよう。
戦場ヶ原から金精峠は当然だがずっとのぼり。といってもたいした距離ではないな。
途中、湯ノ湖がきれい。小学校の修学旅行で来たことあったな。あちこちで硫黄のにおいがする。

最初はちょこちょこ止まってみんなを待つかなーと思っていたけれど車も結構通るし、どうせなら上までのぼって上り返してみよう!なんてことを軽く思っていた。この時は。
坂は思ったほどしんどくなくて(といっても時速一桁まで落ちたけど)上れない坂ではなかった。
途中10%の標識が何度か出てきて、ひえっと思ったけどこれまで上った10%より楽?
しかし上りなのに寒い。走っちゃ止まって写真を撮ってると、ひたすらマイペースでまわしてるSがさんが上ってくる。途中何度か合流して「寒いねーー」と。 ケイデンス上げないと寒いのでクルクル。
ついに雨が降り出した。ひえー。 工事で片側通行だったりちょいと走りにくい。 工事のおっちゃんに「もうじき頂上ですよー」と言われて、確かに割とすぐ頂上だった。
何もない。本当に何もない。

 とりあえず写真。

a0031172_753311.jpg
寒い。寒い。本当に寒い。みんなはいつくるんだーー!と心配になり、でも雨降ってきちゃってこれで下りは厭だからどうしようかなーとしばらく悩んでたらSがさんがあがってきた。写真をとって、トンネルの中で待ちたいけど危ないねーといいながら、群馬県側にビバークすることに決めた。
トンネル抜けたら、なんと降ってないではないか!やったー。(まあなんか時間の問題のような気が)
しかし、OさんQさんが心配だ。実はだいぶ下にいるときに電話したんだけどQさんの電話が圏外。頂上は自分も圏外。んー。しょうがないから待つ。
2人無事到着。 下り装備をして、一気に下り、と行きたいが、、寒い。
ひとりシューズカバーやネックウォーマーなんか持参していたあたしはそれでもみんなよりだいぶ有利(ごめん)  あまりブレーキ使いたくないので(リムぼろぼろになっちゃったし)一気に下ることに。

あまりの寒さに菅沼でビバーク。お汁粉を食べてあったまる。ああ、生き返る。
その後もずーーーっと下りなのがわかってるので寒さとの戦い。とはいえこっちまできたら雨はやんでいて、それが助かった。しかし群馬県内は道が悪い。がたぴしだ。
菅沼、丸沼の景色を堪能し、止まれない場所でばっかり紅葉が綺麗で(笑)、白根温泉では足湯入りたいけどそのあと凍りそうだからやめておき、道ばたの農作物即売所に心惹かれ、、
なんてことをしつつひたすら下って、ぼちぼちお昼食べられる場所を探さねばなぁ、と。
ドライブインの看板があったので、吹割の滝でストップ。観光地だから、なんでもありそうだ。ていうかこれをこえたら駅まで何も無いだろう。
ということで駐車場でお弁当を広げることにした。
チキンをガーミンジャージよろしくジャージのポケットにつっこんで撮影(笑)
チキンもおにぎりもよく冷えていた。。。

このすぐ先に椎坂峠なんていう上りがこっそりあったわけなんだが、小さな峠で、ごはんのあとだったのでみんなわりとすんなりのぼれてよかった。しかし観光地って、オルゴールとハーブって必ずあるような、、おばさまがたはこういうの好きなんだろね。(ロマンチック街道を意識してか、ドイツ風建築!)

真っ赤なリンゴの即売が気になりつつ駅へ。あ、川場には世田谷区の保養所があるんだ!知らなかった。
そうそう、道中スキー場の看板がたくさんあったのだけれど、今年は久々にスキーなんかやってみたいかも?と思ったり。できるのか、というのはさておき。(19年滑ってない!)

市街地から駅が遠くて不安になりながら、沼田駅に到着。ロータリーは立派w
あと20分くらいで特急水上4号がくる。間に合うか、と不安になりつつもこれに乗れるとかなり楽なのでみんなでがんばって輪行準備。さすがに速い。切符を買う人、売店でビールを買う人、と分担して、しっかり自由席端に席を確保。まだ然程込んでなくてよかった。
さっそく宴会。これが楽しい。寒かったから電車の中のあたたかさはシアワセ。
どーでもいい話をして過ごす時間は楽しい。

Sがさんとあたしは赤羽下車で湘南新宿ラインに乗り換えて、あたしは新宿下車して自走で帰宅。
18時に家に着くと楽だ。 まず洗濯!ということであわてて洗濯。

ジャパンカップ見に行こうか迷ってたけど、この寒いなか観戦するのは厭だなと思って、みんなと峠にいくことに
してよかった。2日間、楽しかった。どうもありがとう。
[PR]
by eureka_m | 2009-10-29 07:23 | 自転車

日光-金精峠-沼田(その1)

去年、Sとうさんの壮行会で同じコースを日帰りで走る、という企画に、、
突然脚を痛めて参加できず、涙をのんだわけですが。
(そのかわりに浜スタで楽器を振ることになり 笑)

いよいよ聖蹟桜ヶ丘のではない、日光のいろは坂に上りに行くことに。
のんびりサイクリングがモットーのチームGESOなので、大人のペースで楽しむわけだ。というわけで、1泊2日でのんびり。さすがに初日は距離短いなーとは思うけど、朝電車で着く時間を考えたらそれでもいいかなと。

特急列車が予約できなかったので、東武線の快速で日光へ。通勤ラッシュばりの込み具合。ううむ。
朝ごはんのおにぎりはともかく、りんごをかじるSがさんには少々驚いたが、うまそうだ〜いいな〜。
QさんOさんは反対側のドアから乗車。東武日光駅で合流。
車内には輪行のひとがけっこうたくさんいて、駅を出るとなんだかすごい自転車組み立て集団が(笑)
OさんはQさんプレゼンツのコンパクトドライブデビュー。アルテグラがまぶしい。

他のグループのピナレロ乗り男性が何度も立ちゴケするのでチェーンの具合を見てあげたり、カップルの写真をとってあげたりして、ようやく出発。Qさんは乗り換え前の電車に荷物を忘れたらしく妙に軽装。
「パンツを買わなくちゃー」と。コンビニ立寄。
日本ロマンチック街道をゆるゆると走る。天気はいまいちだが、大谷川沿いを走るのはなかなか気持ちがよい。日光にはあまりよい思い出がなかったのだが、楽しい想い出で上書きできそう(笑)

いろは坂の上り口まではみんなでのんびり。坂は各自のペースでのぼって、明智平で待ち合わせ、ということでスタート。
のんびりみんなと上ってもよかったんだけど、せっかくだから行けるところまでがっつり上ってみてからみんなを待つことにした。思ったより斜度がきつくないので、さくっと上れる。 最初の3つが過ぎたらあとはけっこう楽。でも「を」を過ぎたあたりからはやくも車が詰まってきて、それを回避しようにも路肩の舗装がかなり悪く、右側に出てよけるしかない。一方通行だからいいけどね。

a0031172_23283486.jpg
いろはにほへと ちりぬるを までは一気に上ろうと決めてたけどその先も休む必要ないなーと思って黒髪平まで。途中で抜かれた自転車乗りのみなさまが休憩してたけど、すぐみなさんいなくなった。
あたしはのんびり写真をとったりしてたが、いいかげん心配になってきたので、その後に一人で上ってきたFELT乗りのお兄さんに「すみません、ロードの女の人いませんでしたか」ときいたら「けっこう下だよ。あ、でもクロスの人もいたかな」と。あ、クロスはSがさんだな。じゃあもうすぐくるかなーと思ったら、いきなりSがさん登場、通過したのでおっかけた。第2いろは坂は「ね」で終わりなので、もう然程距離はないなーということでゆっくり一緒にいこうかなと。車をよけるのが大変なのでちょろちょろ右左と移動してたのであまり振り返れなかったけど、、なんとか明智平に到着。Sがさんもわりとすぐ到着。寒いしなんかあったかいものが食べたい、ということで、海老の湯葉巻きを食す。あぶって塩をふってある。美味。
さて、残り2人はいつくるかなーと、お茶を飲んで待っていると、しばらくして2人登場。

お昼食べたいーと中禅寺湖をめざして下る。寒い。。。
湖畔にあるはずだから、ときょろきょろしながら走っていたら、発見。浅井精肉店。すごい人だ。。
自転車を止めて、並ぶ。しかし寒い。何分待つんだろう。Hけんにメールしてみる。「回転率悪いから30分は待ちますよ!」って。えーーー。でも確かにカウンターに7-8人しか座れないし。でもうまそー 絶対食べてやる!
と、あまりの寒さにめげそうになったあたりでようやくお店に入れた。ソースカツ丼を注文。

a0031172_23361886.jpg
もくもくと店のおやじが揚げてくれる5枚のカツがどーんと。
食べきれるか心配だったけど、食べ始めたら、全然問題なし。トンカツって、衣がサクサクだけど油がきつくて最後にはもたれる、ってのがこれまでの印象だったんだけど、ソースが絶妙にしみたくどくない衣と、脂少なめのでもパサつかないしっとりやわらかいお肉で、ほんと、いくらでも食べられる。これは本当においしい。
うう、また食べにくるぞー。
ほかのお客さんは定食とかいろいろ頼んでいたけど、おとうさん、食べきれずお持ち帰りにしてもらってた。ああ、お持ち帰りでお弁当にするのもいいなーーー。



一同満腹で前傾するとカツが出そう!みたいな状態だけど、寒いのでとにかく出発。紅葉が綺麗だけど車だらけな中禅寺湖畔を走り、戦場ヶ原へ。男体山がくっきり。落葉松もきれい。
a0031172_8314696.jpg
三本松茶屋は戦場ヶ原の観光客だらけ!ここから宿が近いらしい。落葉松の林が奥に見えていて、どうもダートみたいだから走りたくないかも?みたいなことをいいつつ、ダート走れる自転車が欲しくなってきた。こないだ尾根緑道を走ったときもそうだけど、森の中を走ると、やっぱりその先を走り抜けられたら楽しいんじゃないか?と。一昨年の白銀林道敗北(笑)もせずにすんだだろうし。なんて。来年はちょっと乗りに行ってみたいな。

で、実は舗装されていて問題なく通行できたので、道を抜けると畑の向こうに男体山!
畑の中を少し走って宿に到着。

長文になったので続きはまたあとで(笑)
[PR]
by eureka_m | 2009-10-25 23:54 | 自転車

かもしれない

2004年に書いた日記

これはほんとうは大学4年生のときに書いた言葉なんだけれど。
いつも思うことで。
自分を不安にさせるための言葉じゃなくて、結果がどうあろうと、自分を前向きにさせるために。
そして、
確定しなきゃいけないことはちゃんと確定しないとね。
[PR]
by eureka_m | 2009-10-25 21:25 | ひとりごと

南田洋子という女優

訳あってとても早く帰宅したので「金スマ」を見たのだけれど。
(別に金スマが見たかったのではなくて、CMを見て、見ることに決めた)

先日亡くなった南田洋子の特集だった。
ずっと介護を続けていた長門裕之が舞台のさなかの記者会見で号泣していたのを見て、いろいろ思うところはあったのだけれど、まあ、介護する側が大変だったんだろうな、というのが正直なところだった。

番組が始まって、たった15分、カメラが回っている間、という映像が映し出されてびっくりした。

南田洋子はすごく綺麗だった。
「いやだわ」というアルトの声は、ボブカットの、あたしが昔テレビで見て憶えてた南田洋子そのものだったし、撮影スタッフに「お綺麗ですよ」と言われてはにかんだような笑みを浮かべているのも、本当に綺麗だった。
女優南田洋子そのものだった。
その状態を維持できるのが10分くらいだ、ということだったけれど。
認知症なんて嘘でしょ?と言いたくなるような、そんな。

浮気とか借金とかいろんなことがあって大変だった時期もたくさんある夫妻だけど、そんなことを超えた何かを共有していて、それが、この人をこれだけ綺麗でいさせているんだろうか。

認知症の妻の介護現場にカメラをいれて、何をしたいんだろう?という話もたくさんあったけど、、この笑顔を映像に残せてよかったんだろな。ていうか、報せたいと思う気持ちもなんだかわからないでもなかった。

というようなことをぼーっと考えながら、なんだか泣けてしまった。
何が泣けるのか、そのときははっきりとはわからなかったけれど。とにかく、涙が止まらなかった。

あたしは誰とこういう老後を過ごすのだろう。
[PR]
by eureka_m | 2009-10-24 01:51 | 見たもの

練習日記を全然書いてない。。

土曜は昼間Hけんの新兵器お披露目会(高速巡行w)を短時間で実施、といきたいところだったがHけん大遅刻のため、結局津久井湖手前までしかいけなかったよ〜。
あやしげなシチュー屋さんは意外と美味で、ウニクリームのスパゲティはなかなかよかった。
その近くのケーキ屋さん、、行けないまま帰途へ。 走行距離91km うーん。全然足りん。

尾根幹や東八道路でがしがし走ってみたけど、まだまだあたし遅いなぁ。
しかし、平地と下りが速くても、遠くに行けるようにはなるけど誰からもほめられはしない(笑)
やっぱり坂が速い人がすべてだ。。

って、自転車日記じゃないわけだ。
オケ。

自転車から戻って、客先に行って、仕事して、練習へ。
全然音出ししてないから鳴らない、、、
まさかの金管そろい踏みで、びっくりした。
ジュピターはらっぱがいると吹きやすい。F本さんありがとう。
んー、こういっちゃなんだけど、管楽器だけだと楽だわほんと。
ウインザー、トップ降りられることになってかなりほっとした。3rd練習しなきゃ。。

帰りに「いつもの」メンツで呑むけど「ここ練馬だから」と終電に気をつけないとね。
といいながら、結構呑んでしまった。風邪が全然治らないのに。。
オルガン付きやりたいねとかいやいや20周年はマーラーでしょとか、いろいろなんか昔話も先の話もまぜこぜだったけど楽しかった。

で、演奏会がもうすぐなわけです。
アインクライネスOPオーケストラ 秋の名曲コンサート
2009年11月8日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所  慶應義塾日吉キャンパス 協生館 藤原洋記念ホール(日吉駅下車)
指揮  板宮 朋基 坂井 寛章
曲目
・G.A. ロッシーニ:6つの四重奏曲より抜粋
・J. シベリウス:アンダンテ・フェスティーボ
・P.I. チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48より 第4楽章
・O. ニコライ:喜歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
・W.A. モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調「ジュピター」K.551
入場料 無料(全席自由)

[PR]
by eureka_m | 2009-10-19 23:35 | オケストラ

初心に返るよ

今の状況を「恋に恋している」と指摘され。
そんなわきゃない!そんな状況はとうに通り越した!
と思ったものの。
何も変わっていないともいえる。
さすがに「恋をしてる自分が好き」なんていうお子様ではないのだが。

落ち着いて考えてみた。
変わったところ、変わらないところ。変えたくないところ。
やり残してること。
相手にきちんと伝えることと、伝えちゃいけないこと。


なるほど。
てなわけで、リスタート。
[PR]
by eureka_m | 2009-10-14 08:32 | ひとりごと

朝なんて

ずっとずっとこなければいい。

すごく、いろんなことがあって
前を向こうと。
弱音を吐くまいと。
頑張ってみたけれど。
[PR]
by eureka_m | 2009-10-07 02:07 | ひとりごと

見た方に動いて行くもの

自転車と人生は同じ。向いた方に走って行くものだよね。

上を見ていけば、上に行けるんだ。
前を見てれば、ちゃんと進めるんだ。
だから、後ろふりかえりすぎちゃ、ダメだ。

今向いてるほうが、前だって信じろ。
[PR]
by eureka_m | 2009-10-01 09:04 | ひとりごと